活動内容

HOME > 活動内容

第4回Farm to Wellness セミナー2015-10-27 10-31-56.png
(医・食・農・工連携が新しい時代を創造する)を開催致しました

今年4月より機能性表示食品制度がスタートいたしました。科学的な分析データーに基づき、機能性を消費者庁に届出すれば、農作物にも機能性表示が許可されます。 体の部位に対して一成分の機能性を、文献やヒト試験等のうらづけを持って機能の表示ができるとい うものです。農作物の価値が消費者にも正しく評価されるためには、科学的な分析データーによって、農作物のチカラを生産方法も含めて正しく評価して行くべきと考えています。 TPP交渉もいよいよ大詰めに入ってきた今、農産物の輸出も視野に入れた国内外ビジネスのチャンスと捉えております。 おいしく、健康の源である農産物の機能性表示を契機に<農産物の価値を向上させ>農業を 付加価値の高い産業にしていくために皆様と考えていきたく、2015年6月3日(水)に、第4 回Farm to Wellness セミ ナーを開催させていただきました。詳しくはこちら


fa2013.pngFOOD ACTION NIPPON アワード2013
研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました

食料自給率向上に向けた事業者・団体などの優れた取り組みを表彰する「FOOD ACTION NIPPON アワード2013」の表彰式が、2013年12月3日に行われFarm to Wellness倶楽部(デザイナーフーズ:デリカフーズグループ)『ESR法(抗酸化力測定法)を利用し、国産青果物の優位性を証明が研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました。Farm to Wellness倶楽部としては、当該アワード制定以来、5年連続(唯一)での受賞となりました。
詳しくはこちら


FOOD ACTION NIPPON アワード20122015-10-27 10-52-46.png
研究開発・新技術部門 入賞を受賞しました

食料自給率向上に向けた事業者・団体などの優れた取り組みを表彰する「FOOD ACTION NIPPON アワード2012」の表彰式が、2012年11月2日に行われ、Farm to Wellness倶楽部(デリカフーズグループ)『少量多品種型カット野菜工場における食品安全強化(ISO22000認証取得)~国産野菜の利便性/信頼性向上による消費拡大~が研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました。Farm to Wellness倶楽部としては、当該アワード制定以来、4年連続(唯一)での受賞となりました。
詳しくはこちら

2015-10-27 10-45-08.png第3回Farm to Wellness セミナー
(医・食・農・工連携が、新たな時代を創造する)を開催致しました

デリカフーズグループでは、これまで野菜を中味で評価するという活動を長年にわたり行って参りました。今回のセミナーでは、デザイナーフーズが行っております最新の研究成果から六本木アークヒルズに一昨年オープンしたベジマルシェ店舗での試験販売、生産者・流通・お客様との連携を図った東京デリカフーズの新工場のご紹介とその意味合い、またこの活動を具体的にどのように実業へ落とし込むかといった内容で、ご提案ご報告させていただきました。野菜の機能性(抗酸化力)がどのような成分に由来しているのかを調査し、野菜を中味で評価する機械の開発を行うことで、今後、付加価値を持った野菜の流通・販売を行っていきたいと考えております。食と健康の情報発信(啓蒙活動)こそが、我々デリカフーズグループの使命と考え、日本の農業発展に少しでも寄与できれば幸いです。詳しくはこちら

東京デリカフーズ株式会社、東京FSセンター(カット野菜)iso22000_certify.jpg
でISO22000認証取得

東京デリカフーズ株式会社は、原料調達から製品設計、カット野菜製造、出荷および物流までの全部門で「食品安全マネジメントシステム」を構築し、2012年2月24日付でJQA(一般財団法人日本品質保証機構)より、食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000を東京FSセンター(カット野菜)の全部門で認証取得しました。
詳しくはこちら

merit_12.jpgFOOD ACTION NIPPON アワード2011
研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました

食料自給率向上に向けた事業者・団体などの優れた取り組みを表彰する「FOOD ACTION NIPPON アワード2011」の表彰式が、2011年12月14日に行われ、一昨年、昨年に引き続き三年連続でFarm to Wellness倶楽部(デリカフーズグループ)『野菜と健康の情報発信基地「ベジマルシェ」~野菜販売と健康診断の連動による国産野菜の消費拡大~』が研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました。

詳しくはこちら

『第4回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰』award_201104.jpg
にて表彰されました。

東京デリカフーズ株式会社は農林水産省及び独立行政法人農畜産業振興機構による加工・業務用需要に対応した国産野菜の生産・利用拡大に取り組む優良なグループ(生産者、流通関係者及び実需者)を表彰する「第4回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰」を受賞いたしました。

merit_04.jpgFOOD ACTION NIPPON アワード2010
研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました

食料自給率向上に向けた事業者・団体などの優れた取り組みを表彰する「FOOD ACTION NIPPON アワード2010」の表彰式が、2011年2月1日に行われ、昨年に引き続き二年連続でFarm to Wellness倶楽部(デリカフーズグループ)『新たな野菜評価基準策定「デリカスコア」を産地導入』が研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました。

詳しくはこちら

野菜のショールーム『ベジマルシェ』を005IMG_1126.jpg
六本木アークヒルズにオープン致しました

ベジマルシェは、デリカフーズのこれまでの研究結果の知識を、小売・中食・外食産業の方、そして一般のお客様にお伝えするためにオープンしたショールームです。過去11年間の研究により、2万検体に及ぶ野菜と果物のデータから導き出した答えはふたつ。
美味しいものは体に良い。旬の野菜には良い力が備わっている。
これを野菜と健康という形にして皆様にお届けしたいという想いで運営しています。店頭に並べられているものは全て、「なぜこの商品をお届けしたいのか」というコンセプトを持って、気軽に野菜の力に興味を持っていただけるように工夫しています。

newfactory.jpg東京都足立区六町に新工場
(物流センター)を立ち上げました

デリカフーズに集まった野菜は、保存、カット技術、包装、配送に至るまで、きめ細やかな『科学者の目』をもってお客様にお届けしています。
当社グループとしては、2010年6月に『東京FSセンター』を本格稼動いたしました。最新の野菜の物流加工工場です。品質・安定供給・適正価格を実現し、野菜流通を改革するために、加工・物流・研究から営業・事務にいたるまで、すべてをひとつに集約。より安心で安全、そしておいしい青果物を消費者の皆さまにお届けすることで、農業・食・健康・環境に貢献してまいります。

第2回Farm to Wellness セミナーp1280266.jpg
(医・食・農・工連携の時代)を開催致しました

超高齢社会を迎える現代、日本国民の「食と健康」に対する関心はとどまるところを知りません。また、食の安全・安心を揺るがす問題は、自給率の向上など日本農業に対する期待へと変化しています。増え続ける医療費を削減することができるのは「健全な食」であり、健康で安全な野菜を作るのは「健康な土壌」です。今回のセミナーはこれからの日本農業を担う方々、食を通じて自身と国民の健康を担う方々、医学・薬学・農学・研究機関など様々な分野で国民を健康へと導く方々と共に、改めて医・食・農連携の時代を創造することを目的に開催させていただきました。

press_01.jpgFOOD ACTION NIPPON アワード2009
研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました

食料自給率向上における優れた取り組みを表彰する「FOOD ACTION NIPPON アワード2009」の表彰式が2010年1月15日に行われ、Farm to Wellness倶楽部(東京デリカフーズ)の「栄養素、うまみ、色、食感を損なわない新たな調理法、過熱野菜による食べ方提案と、規格外野菜等を利用した新たな商品開発」が研究開発・新技術部門 優秀賞を受賞しました。

詳しくはこちら

野菜の健康診断(依頼分析)を行っています。詳しくはこちら

tt.png
ttt.png


7.png